こうの史代ファンページ

一覧

詳細

「冬の記憶」、「大潮の頃」、「波のうさぎ」、そして、第 1回から第11回までが、単行本上巻に収録

「冬の記憶( 9年 1月)」

(「月刊まんがタウン 2006年 2月号 VOL.63」(特別定価290円)
のp.119〜p.130初出)

  • 掲載誌表紙
    「●新春ビッグゲスト!! 『冬の記憶』 こうの史代」
  • 掲載誌p.119(単行本p.  5)の柱
    「街に出た少女を待っていたものは?」
  • 同ページの扉
    「☆新春スペシャル・ゲスト 『冬の記憶』」
    「☆第8回 文化庁メディア芸術祭大賞
      第9回 手塚賞(新生賞)ダブル受賞作家
      こうの史代」
    「●昭和初期のとある地方都市
      そこには懐かしい風景と
      不思議なものがたりが・・・」
  • 掲載誌p.130(単行本p. 16)の柱
    「みんながより良い明日を信じて頑張っていた昭和の初めには、不思議な話がいっぱい。」
  • 同ページの下
    「☆END☆」
  • 掲載誌p.118
    「貴方はもう、
     持っていますか?
     心の宝もの・・・
     こうの史代の単行本。」
    「夕凪の街 桜の国」(A5判 定価:840円)
    「ぴっぴら帳 1」(A5版 定価:650円)
    「ぴっぴら帳・完結編」(A5版 定価:980円)

「漫画アクション 2006年 8月 1日号 No.15」(定価290円)

  • p364・365に「大潮の頃」の掲載予告
    「『夕凪の街 桜の国』『さんさん録』 こうの史代最新作登場!!」
    「昭和初期、夏の大潮の頃。
     とっても大きなスイカを抱え、
     すずは小さな旅に出た−。」
    「昭和初期、夏の大潮の頃。とっても大きなスイカを抱え、すずは兄弟とともに
     小さな旅に出た。
     干潮を待ち、海を歩く。ひたすら歩く。目指すは隣村の母の実家・・・。
     こうの史代、待望のスペシャル読み切り!」

「大潮の頃(10年 8月)」

(「漫画アクション 2006年 8月15日号 No.16」(定価290円)
のp.107〜p.122初出)

  • 掲載誌p.107(単行本p. 17)の柱
    「昭和初期、夏の大潮の頃。とっても大きなすいかを抱え、すずは兄妹とともに
     旅に出た−。」
  • 同ページの上
    「お久しぶり!こうの史代 夏のスペシャル読み切り!!」
  • 同ページの下
    「佐々部清監督&こうの史代原作 映画『夕凪の街 桜の国』来年夏公開予定!!」
  • 掲載誌p.122(単行本p. 32)の柱
    「この秋、もう一本こうの先生の読み切り作品が登場予定!お楽しみに!!」
  • 同ページの下
    「【大潮の頃】/完 次回の登場をお楽しみに!!」

「漫画アクション 2006年 9月19日号 No.18」(9月5日発売/定価290円)

(以下引用))

  • p.315 「『夕凪の街 桜の国』に関してのお知らせ」
    「映画化決定!来年夏、公開予定!!
     皆様に愛され、親しまれてきました
     『夕凪の街 桜の国』が映画になります。
     どうかもう一つの皆実、七波を応援してください
     (こうの史代、アクション編集部)/(キャスティング等は省略)」
  • 同ページ 「『こうの史代 複製原画』についてのお知らせ」
     「8月11〜13日に開催された『コミックマーケット70』双葉社企業
     ブースにて、『こうの史代 複製原画』をお買い求めいただいたお客様に
     お知らせいたします。
      8月12日(2日目)の開店前に、こうの史代先生が、忙しいスケジュール
     の合間をぬって双葉社ブースを訪れ、『ファンの皆様のために』と、残っていた
     原画に直筆のサインをいただき、おまけ小冊子もいただける、という嬉しい
     ハプニングがありました。
      8月11日(初日)に複製原画をお買い求めいただいたお客様に対しましては、
     サインをご希望の場合は、着払いの宅急便などで、下記の住所(省略)まで、
     お買い求めいただいた複製原画をお送りいただければ、こうの史代先生に新たに
     その複製原画にサインを入れていただき、おまけ小冊子とともに返送させて
     いただきます。(9月11日までにお送りいただけますよう、お願いいたします。)
      なお、双葉社からの返送には、数週間程度の日数がかかる可能性がありますので、
     あらかじめご了承下さい」
  • p.361 「I Love Action(アイ ラブ アクション)」
    「読んで心も里帰り」
    「読むと『ただいまー』って言いたくなる、そんなあったかいお話や登場人物たちが
     迎えてくれる、こうの史代先生の作品が大好きです。なので久しぶりにアクションに
     読み切りが載っているのを見て、本屋さんで思わず『あっ!』と声をあげてしまいま
     した。
      今回の『大潮の頃』は夏のお話。家族で親戚の家に行って、スイカを食べて、大人
     は宴会して、子供は別の部屋で遊ぶ・・・お盆の時は日本中の色んな所で同じような
     ことがされているんですね。読んでいてとても懐かしくなりました。
      こうの史代先生の次回作が楽しみです。(滋賀県 夏みかん)」
    「こうの史代先生の次回作は今秋掲載予定!お楽しみに!」
    (引用以上)

「波のうさぎ」の掲載予告

(「漫画アクション 2006年12月19日号 No.24」(12月 5日発売/290円)
 のp.348・349の「アクション次号予告」に掲載(モノクロ))

  • 昭和13年、広島。
    浦野(うらの)すずは、尋常小学校六年生。
    その日の午後は図画の授業だった。
    絵を描くことが好きなすずは、
    課題をいち早く仕上げ
    帰宅しようとした・・・・・・。
    が、苦手な同級生の哲人が・・・・・・。
    戦争の暗い影が
    さし始めたこの時代を、
    穏やかさと哀歓を込めて、
    こうの史代が描きます。
  • こうの史代 特別読み切り!!「波のうさぎ」

「波のうさぎ(13年 2月)」

(「漫画アクション 2007年 1月 9日号 No. 1」(特別定価320円)
のp.172〜p.190初出)

  • 掲載誌p.172のカラー扉
    「待望の特別読み切り」
    「佐々部清監督&こうの史代原作
    映画『夕凪の街 桜の国』
    2007年夏、いよいよ公開!(キャスティングは省略)」
  • 掲載誌p.173のカラー扉
    「昭和十三年
    尋常小学校六年の少女
    浦野すずは
    眼下の海に
    何を想う・・・」
  • 掲載誌p.175の柱
    「寒い朝、すずの一日は兄妹そろってのお手伝いから始まる−」
  • 掲載誌p.179の下
    危険!!これが悪徳商法だ!【あなたはどんどん買いたくなる 催眠商法】
    「高齢者をターゲットに、雑貨などの日用品を無料で配布、もしくは激安で
    販売するなどとして会場に集め、先着順で次々に安価な商品を購入させ、
    会場が興奮状態になったところで『今日は80万の布団を40万でいいよ!』
    などと言い、目的の高価な商品を購入させる。」
  • 掲載誌p.183の下
    危険!!これが悪徳商法だ!【家計の足しになるはずが 内職商法】
    「パソコンの打ち込みなど、簡単な作業で高収入を得られるといって勧誘し、
    登録料や必要な機材費などさまざまな名目でお金を徴収する。さらに実際に
    仕事を始めてみると、仕事が来なかったり、技術不足と言われお金を払われ
    ないなど、結局当初の費用を払い損になってしまう。」
  • 掲載誌p.190(単行本p. 50)の柱
    「波の白・・・椿の赤・・・すずは描いた色を想う。
    そして少年の想いを想う・・・」
  • 同ページの下
    「【波のうさぎ】完」
  • 掲載誌p.191
    戦中の広島
    浦野すずは軍都 呉へと嫁ぐ・・・
    築き 築かれ 壊し 壊され
    それでも重なっていく
    いとおしき日々
    『この世界の片隅に』
    本誌次号(1/9発売)より
    こうの史代新連載!
  • 掲載誌p.332・333「アクション次号予告」
    こうの史代 待望の新連載!!
    『この世界の片隅に』
    太平洋戦下の広島。
    浦野すずは軍都 呉へと嫁ぐ・・・。
    築き 築かれ 壊し 壊され
    それでも重なっていく いとおしき日々−。
    今号に掲載のプロローグを経て、
    次号より新連載スタート!!

第 1回「昭和18年12月」(単行本では、「18年12月」)

(「漫画アクション 2007年 1月23日号 No. 2」( 1月 9日発売/特別定価320円)のp.145
〜p.158初出)

  • 掲載誌p.145(単行本p. 52)のカラー扉
    「戦中の広島
    浦野すずは軍都 呉へと嫁ぐ・・・。
    築き 築かれ 壊し 壊され
    それでも重なっていく
    いとおしき日々・・・」
    「こうの史代原作&佐々部清監督
    映画『夕凪の街 桜の国』
    2007年夏 いよいよ公開!(キャスティングは省略)」
  • 掲載誌p.151の下
    変な犯罪 珍事件簿【宝くじ1億円当選者、盗みで逮捕】
    「宝くじに当選した男が、賞金をすべて使い果たしてしまい破産。生活保護を
    受けるのが嫌なあまりに盗みを働き、逮捕された。彼は1997年、49歳で
    宝くじに当選し仕事を辞職、2003年までにはすべて使い果たしてしまい、
    『破産を知られるのが恥ずかしかった』と供述している。」
  • 掲載誌p.158(単行本p. 64)の柱
    「あっさりと縁談がまとまってしまった・・・」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第 1話/完
    次号 1/23(火)発売に続く!!」

第 2回「19年 2月」

(「漫画アクション 2007年 2月 6日号 No. 3」( 1月23日発売/定価290円)のp.327
〜p.334初出/『さんさん録』同様、巻末掲載に)

  • 掲載誌p.328(単行本p. 65)の柱
    「縁談が決まってからわずか2カ月、花嫁は汽車に乗って呉へと嫁いできた。」
  • 掲載誌p.334(単行本p. 72)の柱
    「新しい家、新しい街、新しい人たち・・・。すずの新しい世界の一日目は闇に包まれてゆく
    ・・・。その闇は優しくあってほしい・・・。」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第 2話/完
    次号 2/ 6(火)発売に続く!!」
  • p.321 「I Love Action(アイ ラブ アクション)」
    「優しさの形は人それぞれ」
    「こうの史代先生の大ファンです!
     なので『波のうさぎ』を前号の予告から見た時から、ワクワクしていました。
     今回も、暖かいタッチの絵に、穏やかで優しい人々。昭和13年の広島という
     決して明るい時代ではないのに、読み終わった後は、やはり暖かな気持ちになり
     ました。
     すずが、苦手なハズだった同級生・哲人の不器用な優しさに触れ抱いた感情は、
     やはり恋心だったのでしょうか?
     次回から、いよいよこうの先生の作品が連載でスタートとのことなので、
     すごく楽しみです!(熊本県 梨子)」
    「前号より連載開始の『この世界の片隅に』。主人公すずが送る日々に、
     ご期待ください。」

第 3回「19年 2月」

(「漫画アクション 2007年 2月20日号 No. 4」( 2月 6日発売/定価290円)のp.327
〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 73)の柱
    「得意の絵を入れて鬼(おに)いちゃんへの手紙をしたためる花嫁すずの初めての夜・・・」
  • 掲載誌p.334(単行本p. 80)の柱
    「初めての天井、初めての朝・・・。そして浦野すずは、北條すずに。」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第 3話/完
    次号 2/20(火)発売に続く!!」

第 4回「19年 2月」

(「漫画アクション 2007年 3月 6日号 No. 5」( 2月20日発売/定価290円)のp.327
〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 81)の柱
    「誰もが知ってるあの曲にのって・・・」
  • 同ページの下
    「映画『夕凪の街 桜の国』(出演=田中麗奈 麻生久美子)今夏公開!!」
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/3月12日(月)発売!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p. 88)の柱
    「すずは毎日お月見ができるねぇ・・・」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第 4話/完
    次号 3/ 6(火)発売に続く!!」

第 5回「19年 3月」

(「漫画アクション 2007年 3月20日号 No. 6」( 3月 6日発売/定価290円)のp.327
〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 89)の柱
    「ちょっと恐そうなあの小姑がやって来た・・・」
  • 同ページの上
    「こうの史代の新刊『街角花だより』3月12日(月)発売!!」
  • 同ページの下
    「映画『夕凪の街 桜の国』(出演=田中麗奈 麻生久美子)今夏公開!!」
  • 掲載誌p.330の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/3月12日(月)発売!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p. 96)の柱
    「径子さん、空振り・・・」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第 5話/完
    次号 3/20(火)発売に続く!!」
  • 掲載誌p.204に単行本「街角花だより」の広告
    • こうの史代のデビュー作待望の単行本化!
      ACTION COMICS(A5判)双葉社 定価760円(税込)
    • 3月12日(月)発売決定!!

第 6回「19年 3月」

(「漫画アクション 2007年 4月 3日号 No. 7」( 3月20日発売/定価290円)のp.327
〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 97)の柱
    「すず・・・里帰り編。緊張から解放されて、ちょっとゆるみすぎ!?」
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.330の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.332の柱
    「アクションコミックス『夕凪の街 桜の国』(こうの史代)
     『ヒロシマに生きた女性の感動作品、待望の単行本化』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p.104)の柱
    「広島への別れとともに購入したスケッチブック・・・これからすずは『世界』を
     描いていく・・・」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第 6話/完
      4/17(火)発売に続く!!」
    「作者取材のため次号はお休みします。次々号 4月17日発売号をお楽しみに!」

第 7回「19年 4月」

(「漫画アクション 2007年 5月 8日号 No. 9」( 4月17日発売/特別定価320円)
 のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p.105)の柱
    「こうの史代の新刊『街角花だより』絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.330の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p.112)の柱
    「彼方の大和・・・こなたの綿毛・・・呉の街の重いもの、軽いもの・・・」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第 7話/完
      5/ 8(火)発売に続く!!」

第 8回「19年 5月」

(「漫画アクション 2007年 5月22日号 No.10」( 5月 8日発売/特別定価320円)
 のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p.113)の柱
    「すずの料理の腕前はどんなもんかな?」
  • 同ページの下
    「映画『夕凪の街 桜の国』(出演=田中麗奈 麻生久美子) 7月28日全国公開!!」
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.332の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p.120)の柱
    「分量は増えるけどおいしくないのが楠公飯。すずのせいではないです。」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第 8話/完
      5/22(火)発売に続く!!」

第 9回「19年 5月」

(「漫画アクション 2007年 6月 5日号 No.11」( 5月22日発売/特別定価320円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p.121)の柱
    「映画『夕凪の街 桜の国』(出演=田中麗奈 麻生久美子) 7月28日全国公開!!」
  • 掲載誌p.330の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.332の柱
    「アクションコミックス『夕凪の街 桜の国』(こうの史代)
     『ヒロシマに生きた女性の感動作品、待望の単行本化』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p.128)の柱
    「『この世界の片隅に』次号はお休みいたします。次々号6月19日発売号をお楽しみに!」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第 9話/完
      次回の登場は13号( 6/19発売)です」

第10回「19年 6月」

(「漫画アクション 2007年 7月 3日号 No.13」( 6月19日発売/定価290円)
 のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p.129)の柱
    「小松菜・・・呉ではハイカラな野菜だったのかも・・・」
  • 同ページの下
    「映画『夕凪の街 桜の国』(出演=田中麗奈 麻生久美子) 7月28日全国公開!!」
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.330の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.332の柱
    「アクションコミックス『夕凪の街 桜の国』(こうの史代)
     『ヒロシマに生きた女性の感動作品、待望の単行本化』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p.136)の柱
    「径子(けいこ)さん本格的に出戻り!すずの円形脱毛症が再発しないといいけど・・・」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第10話/完
      次号 7/ 3(火)発売に続く!!」

第11回「19年 7月」

(「漫画アクション 2007年 7月17日号 No.14」( 7月 3日発売/特別定価320円)
 のp.313〜p.320初出)

  • 掲載誌p.313(単行本p.137)の柱
    「本日は防空壕掘りなり。難儀なり。」
  • 同ページの下
    「映画『夕凪の街 桜の国』(出演=田中麗奈 麻生久美子) 7月28日公開!!」
  • 掲載誌p.316の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.318の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.320(単行本p.144)の柱
    「今日はいろんな汗が流れたねえ・・・」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第11話/完
      次号 7/17(火)発売に続く!!」
  • 掲載誌最終ページ
    「次号では、『漫画アクション』から生まれた最新映像作品、
     映画『夕凪の街 桜の国』を大特集!!」
    「7月28日(土)の全国公開まで待ちきれない皆様のために、
     原作を世に送り出した本誌が
     漫画&映画『夕凪の街 桜の国』をひと足早く大特集!!
     本誌しか知らないマル秘エピソードや、
     映画の見所情報が満載です!!」

第12回から第28回までが、単行本中巻(2008年 7月11日(金)発売)に収録

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4575941794/ref=s9subs_c6_img1-rfc_p?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-2&pf_rd_r=1SYE3NT51CXKXA74AS9J&pf_rd_t=101&pf_rd_p=96523906&pf_rd_i=489986

第12回「19年 7月」

(「漫画アクション 2007年 8月 7日号 No.15」( 7月17日発売/特別定価340円)のp.317〜p.324初出)

  • 掲載誌p.317(単行本p.  3)の柱
    「映画『夕凪の街 桜の国』(出演=田中麗奈 麻生久美子) 7月28日いよいよ公開!!」
  • 掲載誌p.320の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.322の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.324(単行本p. 10)の柱
    「落ち込んでも明日は笑顔!!」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第12話/完
      次号 8/ 7(火)発売に続く!!」
  • 掲載誌p.9〜p.18
    映画&漫画『夕凪の街 桜の国』大特集!!
    • 特集その1/映画主演:田中麗奈×原作者:こうの史代 スペシャル対談!!
    • 特集その2/公開目前!映画の見所、魅力に迫る!!
    • 特集その3/映画、撮影現場の裏側を密着レポート!!
    • プレゼント/劇場招待券を計500名様に大プレゼント!!
  • 創刊40周年記念特別付録DVDに、
    映画『夕凪の街 桜の国』予告編&秘蔵ムービー収録

第13回「19年 8月」

(「漫画アクション 2007年 8月21日号 No.16」( 8月 7日発売/定価290円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 11)の柱
    「倹約生活、すず苦難の日々。甘くないのだ。」
  • 同ページの下
    「映画『夕凪の街 桜の国』(出演=田中麗奈 麻生久美子)大ヒット公開中!!」
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.332の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p. 18)の柱
    「そんとな国になっちまいました!!」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第13話/完
      次号 8/21(火)発売に続く!!」

第14回「19年 8月」

(「漫画アクション 2007年 9月 4日号 No.17」( 8月21日発売/定価290円)のp.329〜p.336初出)

  • 掲載誌p.329(単行本p. 19)の柱
    「すず、買い出しに行ったら迷子に・・・」
  • 同ページの上
    「映画『夕凪の街 桜の国』(出演=田中麗奈 麻生久美子)大ヒット公開中!!」
  • 掲載誌p.330の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.332の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.336(単行本p. 26)の柱
    「すいか、キャラメル、砂糖水・・・。甘さが切ない時代だったのだねえ・・・」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第14話/完
      次号 9/ 4(火)発売に続く!!」
  • 掲載誌p.90
    映画『夕凪の街 桜の国』 映画主演・田中麗奈 原作者・こうの史代
    スペシャル対談動画、webで公開中!!

http://comics.yahoo.co.jp/event/action40/hot/yunagi/index02.html

  • 掲載誌p.323 「I Love Action/アイ ラブ アクション」
    「待ちに待った映画作品」
     こうの史代先生の温かな漫画の大ファンです。今号の
    「映画&漫画『夕凪の街 桜の国』大特集」は、前号の予告を見てからずっと
    楽しみにしていました。
     田中麗奈さんとこうの史代先生の対談は、お二人が本当に漫画と映画の両方を
    大事にしているということが伝わってきて、感動しました。主人公の七波の、
    お転婆だけれど人を思いやる性格は、田中麗奈さんにぴったりだと思います。
     予告編や記者会見も見て、ますます映画が待ち遠しくてたまらなくなりました。
    公開日、早朝から並んででも絶対観に行きます!!(埼玉県 ゲルマっ娘)
     現在、映画「夕凪の街 桜の国」は大絶賛公開中です!

第15回「19年 9月」

(「漫画アクション 2007年 9月18日号 No.18」( 9月 4日発売/定価290円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 27)の柱
    「すずの小さな世界、少しずつ広がる・・・」
  • 同ページの下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!『Web漫画アクション』→
    http://www.webaction.jp/title/15.html
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.332の柱
    「アクションコミックス『夕凪の街 桜の国』(こうの史代)
     『ヒロシマに生きた女性の感動作品、待望の単行本化』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p. 34)の柱
    「あ、そうなのか!?」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第15話/完
      次号 9/18(火)発売に続く!!」

第16回「19年 9月」

(「漫画アクション 2007年10月 2日号 No.19」( 9月18日発売/定価290円)のp.329〜p.336初出)

  • 掲載誌p.329(単行本p. 35)の柱
    「リンさんという友達もできた。子供も・・・」
  • 掲載誌p.330(単行本p. 36)の柱
    「遊郭の女、リンさんに得意な絵を・・・」
  • 同ページの下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!『Web漫画アクション』→
    http://www.webaction.jp/title/15.html
  • 掲載誌p.332の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.336(単行本p. 42)の柱
    「すずもリンもこの小さな世界で何とか暮らしている・・・」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第16話/完
      次号10/ 2(火)発売に続く!!」

第17回「19年10月」

(「漫画アクション 2007年10月16日号 No.20」(10月 2日発売/定価290円)のp.329〜p.336初出)

  • 掲載誌p.329(単行本p. 43)の柱
    「戦中呉市・・・瓦屋根の上にての物語・・・」
  • 掲載誌p.330の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.336(単行本p. 50)の柱
    「ノミは疎開しません!」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第17話/完
      次号10/16(火)発売に続く!!」
  • 掲載誌p.323 「I Love Action/アイ ラブ アクション」
    「羨ましいおしどり夫婦」
     「この世界の片隅に」をいつも楽しみにしています。こうの先生の優しい絵柄と、
    ゆっくり丁寧に物語が進んでいく様子が、とても心地がよいです。
     すずと周作さんのデートの場面は、特によかったです。橋の上から二人で川面を
    見つめると、恥ずかしくて言えない、相手を大切に想っているという告白もできる
    のでしょうか。どんな贅沢なデートより、幸せな夫婦の時間ですね。
     アクションを頭から読んで最後にこの作品を読むと、ほのぼのとした気分で一冊を
    読み終えたなという気持ちになれます。(神奈川県 のっこ)
     少しずつ広がるすずの世界。……今後の展開にご期待ください!

第18回「19年10月」

(「漫画アクション 2007年11月 6日号 No.21」(10月16日発売/特別定価320円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 51)の柱
    「朝のとんぼは、寝ぼけているから捕まえやすいそうです。お試しを!」
  • 同ページの下
    「お知らせ☆単行本『この世界の片隅に』第1巻 1月12日発売予定!」
  • 掲載誌p.330の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.332の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p. 58)の柱
    「夫、周作と遊郭の女、リンとの間にあった過去…すずは戸惑う…」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第18話/完
      次号11/ 6(火)発売に続く!!」

第19回「19年11月」

(「漫画アクション 2007年11月20日号 No.22」(11月 6日発売/定価290円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 59)の柱
    「周作とリンの過去を思うすず・・・」
  • 同ページの下
    「お知らせ☆単行本『この世界の片隅に』上巻 1月12日発売予定!」
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『夕凪の街 桜の国』(こうの史代)
     『ヒロシマに生きた女性の感動作品、待望の単行本化』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.330の柱
    「アクションコミックス『ぴっぴら帳』全2巻(こうの史代)
     『インコの”ぴっぴらさん”とのシアワセな日常』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p. 66)の柱
    「自らを代用品と思うすず… くすぶる気持ち…」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第19話/完
      次号11/20(火)発売に続く!!」

第20回「19年11月」

(「漫画アクション 2007年12月 4日号 No.23」(11月20日発売/定価290円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 67)の扉
    「コミックス上巻 1月12日発売!」
  • 掲載誌p.330の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p. 74)の柱
    「径子義姉さんの人生相談。一刀両断で軽快ですな。
     一刻も早く息子さんに会うがよろし!」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第20話/完
      次号12/ 4(火)発売に続く!!」

第21回「19年12月」

(「漫画アクション 2007年12月18日号 No.24」(12月 4日発売/定価290円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 75)の柱
    「すずの前に突如現れた水兵さんは……幼なじみの…」
  • 同ページの扉
    「コミックス上巻 1月12日発売!」
  • 同ページの下
    「映画『夕凪の街 桜の国』DVD!来春発売です!!」
  • 掲載誌p.330の柱
    「アクションコミックス『ぴっぴら帳』全2巻(こうの史代)
     『インコの”ぴっぴらさん”とのシアワセな日常』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p. 82)の柱
    「水原の意図… 周作の意図… カギの音… すずの困惑… 次号へ…」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第21話/完
      次号12/18(火)発売に続く!!」

第22回「19年12月」

(「漫画アクション 2008年 1月 8日号 No. 1」(12月18日発売/特別価格340円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 83)の柱
    「すず、周作、水原…三人の心の内は…!?」
  • 同ページの扉
    「コミックス上巻 1月12日発売!」
  • 同ページの下
    「感動を再び! 映画『夕凪の街 桜の国』DVD 来春発売です!!」
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に(上)』(こうの史代)
     『戦中の広島。すずは軍都 呉へと嫁ぐ。愛しき日々が…』/ 1月12日(土)発売!!」
  • 掲載誌p.330の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p. 90)の柱(左側)
    「※(編集部より)すずが描いた鷺と水原への手紙は、実際にこうのさんが
     鳥の羽で描きました。」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第22話/完
      次号 1/ 8(火)発売に続く!!」

第23回「20年正月」

(「漫画アクション 2008年 1月22日号 No. 2」( 1月 8日発売/特別価格320円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 91)の柱
    「戦争中でも正月は来る。で、カルタ!」
  • 同ページの下
    「単行本『この世界の片隅に』上巻 1月12日発売!」
  • 掲載誌p.328の下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.334(単行本p. 98)の柱
    「◆作者取材のため次回はお休みします。2月5日発売号をお楽しみに!」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第23話/完
      次回の登場は4号( 2/ 5発売)です。」
    「※取材協力・・・『台東区下町風俗資料館』『日本独楽博物館』」
  • 掲載誌p.290
    ACTION COMICS「この世界の片隅に 上」
    (A5判 定価680円(税込) 双葉社)の広告
    • 戦中の広島、
      すずは軍都・呉へと嫁ぐ。
      見知らぬ家、
      見知らぬ人々、
      見知らぬ街・・・。
      すずの小さな
      新しい世界が始まる・・・。
    • 小編「冬の記憶」「大潮の頃」「波のうさぎ」も併せて収録
    • 待望の刊行! 1月12日(土)発売!!

第24回「20年 2月」

(「漫画アクション 2008年 2月19日号 No. 4」( 2月 5日発売/特別定価300円)のp.331〜p.338初出)

  • 掲載誌p.331(単行本p. 99)の柱
    「すずの兄、要一の帰還・・・!!」
  • 同ページの上
    「昭和、軍都呉(くれ)に生活する北條すずと戦争の物語・・・」
  • 同ページの下
    「単行本『この世界の片隅に』上巻 絶賛発売中! 中巻は夏頃の予定!!」
  • 掲載誌p.332の下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.334の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に(上)』(こうの史代)
     『戦中の広島。すずは軍都 呉へと嫁ぐ。愛しき日々が…』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.338(単行本p.106)の柱
    「感動を再び!映画『夕凪の街 桜の国』DVD 3月28日発売です!!」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第24話/完
      次号 2/19(火)発売に続く!!」

第25回「20年 2月」

(「漫画アクション 2008年 3月 4日号 No. 5」( 2月19日発売/定価290円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p.107)の柱
    「コミックス上巻絶賛発売中!!」
  • 同ページの上
    「昭和、軍都呉(くれ)に生活する北條すずと戦争の物語・・・」
  • 掲載誌p.328の柱
    「☆お知らせ…双葉文庫版『夕凪の街 桜の国』 4月 8日発売予定!」
  • 掲載誌p.329の下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.330の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に(上)』(こうの史代)
     『戦中の広島。すずは軍都 呉へと嫁ぐ。愛しき日々が…』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.332の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p.114)の柱
    「あの感動を再び!映画『夕凪の街 桜の国』DVD 3月28日発売です!!」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第25話/完
      次号 3/ 4(火)発売に続く!!」

第26回「20年 3月」

(「漫画アクション 2008年 3月18日号 No. 6」( 3月 4日発売/特別定価320円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p.115)の上
    「昭和、軍都呉(くれ)に生活する北條すずと戦争の物語・・・」
  • 同ページの扉
    「『夕凪の街 桜の国』双葉文庫版 4月 8日発売!」
  • 同ページの下
    「コミックス『この世界の片隅に』上巻絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.328の柱
    「映画『夕凪の街 桜の国』DVD 3月28日発売です!」
  • 同ページの下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.332の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に(上)』(こうの史代)
     『戦中の広島。すずは軍都 呉へと嫁ぐ。愛しき日々が…』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p.122)の柱
    「ついに呉にも空襲が!これからすずの家庭はどうなっていくのであろうか!?」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第26話/完
      次号 3/18(火)発売に続く!!」
  • 掲載誌p.321 「I Love Action/アイ ラブ アクション」
    「兄の死の哀しみとすれ違い」
     すずのお兄さん、通称「鬼いちゃん」が遺骨になった帰宅した『この世界の片隅に』。
    発売されたばかりの上巻を読んだ直後ということもあって、ショックで呆然とした。
     戦時中の日本は、家族の死が明日起こっても不思議じゃない時代だったんだ、という
    ことを改めて感じた。いつ、大事な人がいなくなってしまうか分からない毎日を想像
    すると、胸が痛くなる。そして、お互いを想うがゆえにやきもちをやく周作とすずの
    関係にもハラハラしつつ、見守っている。(滋賀県 カーリー)
     仲のよい夫婦といえども、気持ちを伝え合うのが難しい時もあるようですね。

第27回「20年 3月」

(「漫画アクション 2008年 4月 1日号 No. 7」( 3月18日発売/特別定価300円)のp.331〜p.338初出)

  • 掲載誌p.331(単行本p.123)の下
    「『夕凪の街 桜の国』双葉文庫版 4月 8日発売です!」
  • 掲載誌p.333の下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.336の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に(上)』(こうの史代)
     『戦中の広島。すずは軍都 呉へと嫁ぐ。愛しき日々が…』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.338(単行本p.130)の柱
    「何はともあれ、久夫君は元気そうでよかった!」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第27話/完
      次号 4/ 1(火)発売に続く!!」

第28回「20年 4月」

(「漫画アクション 2008年 4月15日号 No. 8」( 4月 1日発売/定価290円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p.131)の柱
    「映画『夕凪の街 桜の国』DVD絶賛発売中です!」
  • 同ページの扉
    「コミックス『この世界の片隅に』上巻 発売中です!」
  • 同ページの下
    「『夕凪の街 桜の国』双葉文庫版 4月10日発売です!」
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に(上)』(こうの史代)
     『戦中の広島。すずは軍都 呉へと嫁ぐ。愛しき日々が…』/絶賛発売中!!」
  • 同ページの下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.330の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p.138)の柱
    「気がかりな人の笑顔・・・ 気がかりが一つ消えて嬉しい・・・」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第28話/完
      次号 4/15(火)発売に続く!!」
  • 掲載誌p.172〜p.178
    「巻中カラー 『夕凪の街 桜の国』特別対談 麻生久美子×こうの史代」

第29回から最終回までが、単行本下巻(2009年 4月28日(火)発売)に収録

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4575942235/yskm-22

第29回「20年 4月」

(「漫画アクション 2008年 5月 6日号 No. 9」( 4月15日発売/特別価格340円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p.  3)の柱
    「毎日毎日『う〜〜〜』だらけなのです」
  • 同ページの上
    「昭和、軍都呉(くれ)に生活する北條すずと戦争の物語・・・」
  • 同ページの下
    「『夕凪の街 桜の国』双葉文庫版発売中です!」
  • 掲載誌p.328の下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.334(単行本p. 10)の柱
    「お父ちゃん、語れて嬉しそうじゃねえ・・・」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第29話/完
      次号 5/ 7(水)発売に続く!!」
  • 復刊4周年記念 春の特別付録DVD
    「『夕凪の街 桜の国』文庫&DVD発売記念 麻生久美子×こうの史代特別対談ムービー」収録

第30回「20年 5月」

(「漫画アクション 2008年 5月20日号 No.10」( 5月 7日(水)発売/特別定価320円)
 のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 11)の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に』中巻 7月12日発売決定!」
  • 掲載誌p.332の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に(上)』(こうの史代)
     『戦中の広島。すずは軍都 呉へと嫁ぐ。愛しき日々が…』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p. 18)の柱
    「巨鳥の群れが呉を覆った。父を待つ者たちを不安が覆う・・・」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第30話/完
      次号 5/20(火)発売に続く!!」
  • 掲載誌p.321 「I Love Action/アイ ラブ アクション」
    「嬉しいスペシャル対談」
     今月で巻中カラーだった、こうの史代先生と麻生久美子さんの「夕凪の街 桜の国」
    スペシャル対談が素晴らしかったです。
     対談を読んで、昨年映画館で「夕凪の街 桜の国」を観たときの感動を思い出しました。
    原作の皆実そのものだ、と衝撃を受けた麻生さんの素敵な人柄も伝わってきました。
    原作も映画も大好きなので、この対談も大切に保存しておきたいです。(東京都 ライス)
     双葉文庫版「夕凪の街 桜の国」も絶賛発売中です!

第31回「20年 5月」

(「漫画アクション 2008年 6月 3日号 No.11」( 5月20日発売/定価290円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 19)の柱
    「昭和二十年五月五日、呉の海軍施設に夥(おびただ)しい爆撃。周作の父がまだ帰って来ない…」
  • 同ページの上
    「昭和、軍都呉(くれ)に生活する北條すずと戦争の物語・・・」
  • 同ページの下
    「アクションコミックス『この世界の片隅に』中巻 7月12日発売!!」
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に(上)』(こうの史代)
     『戦中の広島。すずは軍都 呉へと嫁ぐ。愛しき日々が…』/絶賛発売中!!」
  • 同ページの下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.330の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.332の柱
    「アクションコミックス『夕凪の街 桜の国』(こうの史代)
     『ヒロシマに生きた女性の感動作品、待望の単行本化』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p. 27)の柱
    「小さくても守っていかねばならない・・・たった今から・・・」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第31話/完
      次号 6/ 3(火)発売に続く!!」

第32回「20年 6月」

(「漫画アクション 2008年 6月17日号 No.12」( 6月 3日発売/特別定価330円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.328の下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.334(単行本p. 36)の柱
    「・・・・・・次号へ!」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第32話/完
      次号 6/17(火)発売に続く!!」

第33回「20年 6月」

(「漫画アクション 2008年 7月 1日号 No.13」( 6月17日発売/定価290円)のp.311〜p.318初出)

  • 掲載誌p.311(単行本p. 37)の柱
    「夢と現(うつつ)のはざ間のすず…」
  • 同ページの下
    「アクションコミックス『この世界の片隅に』中巻 7月11日発売!」
  • 掲載誌p.312の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に(中)』(こうの史代)
     『戦中の広島。すずは軍都 呉へと嫁ぐ。愛しき日々が…』/ 7月11日(金)発売!!」
  • 同ページの下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.316の柱
    「アクションコミックス『夕凪の街 桜の国』(こうの史代)
     『ヒロシマに生きた女性の感動作品、待望の単行本化』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.318(単行本p. 44)の柱
    「記憶と現実と妄想が…すずの心に渦まいたまま…」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第33話/完
      次号 7/ 1(火)発売に続く!!」

第34回「20年 7月」

(「漫画アクション 2008年 7月15日号 No.14」( 7月 1日発売/定価290円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 45)の柱
    「北條家の小さな命は小さな骨壺の中に…。しかし、戦争の火の雨は更に容赦なく…」
  • 同ページの下
    「アクションコミックス『この世界の片隅に』中巻 7月11日発売!」
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に(中)』(こうの史代)
     『戦中の広島。すずは軍都 呉へと嫁ぐ。愛しき日々が…』/ 7月11日(金)発売!!」
  • 同ページの下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.334(単行本p. 54)の柱
    「呉の街は業火に見舞われた。街も人も心も黒く燻(くすぶ)る…。
     次号( 7月15日発売)に続く!」
  • 掲載誌p.205に、アクションコミックス『この世界の片隅に(中)』(こうの史代)
    の広告
    呉の北條家に嫁いで半年…
    大好きな絵を描いていたら
    間諜に間違えられたり、
    買出しに行ったら迷子になって、
    でも友達ができたり…。
    戦争という暗雲が周囲を
    色濃く染めていく中、
    すずは日々を健気に生きる!
    定価:680円(税込)
    7月11日(金)発売!

第35回「20年 7月」

(「漫画アクション 2008年 8月 5日号 No.15」( 7月15日発売/特別定価330円)のp.311〜p.318初出)

  • 掲載誌p.311(単行本p. 55)の柱
    「やさしさに… すずは惑(まど)う…」
  • 同ページの上
    「昭和、軍都呉(くれ)に生活する北條すずと戦争の物語…」
  • 同ページの下
    「単行本『この世界の片隅に』中巻発売中です!」
  • 掲載誌p.312の下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.314の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に(上)(中)』(こうの史代)
     『戦中の広島。すずは軍都 呉へと嫁ぐ。愛しき日々が…』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.316の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.318(単行本p. 62)の下
    「【この世界の片隅に】第35話/完
      次号 8/ 5(火)発売に続く!!」
  • 掲載誌p.305「I Love Action/アイ ラブ アクション」
    「突然 奪われた 幼い命」
     毎回ほのぼのと笑わせてくれていた『この世界の片隅に』。
    今号、晴美ちゃんが亡くなってしまって、読み始めて以来始めて涙した。
    未来ある幼い子の命を奪ってしまう戦争は、本当に残酷だ。
     すずさんの右手が、包帯でぐるぐる巻きになっていることもとても気になる。
    どうか、少しでもすずさんの苦しみが癒されますように……。(静岡県 A・N)
     あまりにも突然奪われてしまったひとつの命。次号も見逃せません。

第36回「20年 7月」

(「漫画アクション 2008年 8月19日号 No.16」( 8月 5日発売/定価300円)のp.323〜p.330初出)

  • 掲載誌p.323(単行本p. 63)の柱
    「毎日毎日毎日、殺意が空を覆う。この世界の片隅の七月は無間の地獄…」
  • 同ページの上
    「昭和、軍都呉(くれ)に生活する北條すずと戦争の物語…」
  • 同ページの下
    「単行本『この世界の片隅に』中巻絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.325の下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に(上)(中)』(こうの史代)
     『戦中の広島。すずは軍都 呉へと嫁ぐ。愛しき日々が…』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.330(単行本p. 70)の柱
    「そして、次回『二〇年八月』へ…」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第36話/完
      次号 8/19(火)発売に続く!!」
  • 掲載誌p.212に、アクションコミックス『この世界の片隅に(中)』(こうの史代)の広告
    呉の北條家に嫁いで半年…
    大好きな絵を描いていたら
    間諜に間違えられたり、
    買出しに行ったら迷子になって、
    でも友達ができたり…。
    戦争という暗雲が周囲を
    色濃く染めていく中、
    すずは日々を健気に生きる!
    定価:680円(税込)
    絶賛発売中!

第37回「20年 8月」

(「漫画アクション 2008年 9月 2日号 No.17」( 8月19日発売/定価300円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p. 71)の柱
    「昭和20年8月6日、朝−」
  • 同ページの下
    「アクションコミックス『この世界の片隅に』中巻絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『夕凪の街 桜の国』(こうの史代)
     『ヒロシマに生きた女性の感動作品、待望の単行本化』/絶賛発売中!!」
  • 同ページの下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.334(単行本p. 78)の柱
    「径子の心がすずの心を包んださなか、すずの実家のある広島市は閃光と爆風に包まれ…
     以下次号!」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第37話/完
      次号 9/ 2(火)発売に続く!!」

第38回「20年 8月」

(「漫画アクション 2008年 9月16日号 No.18」( 9月 2日発売/定価300円)のp.323〜p.330初出)

  • 掲載誌p.323(単行本p. 79)の柱
    「昭和20年8月6日、すずの実家のある広島に原爆が……」
  • 掲載誌p.324の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に(上)(中)』(こうの史代)
     『戦中の広島。すずは軍都 呉へと嫁ぐ。愛しき日々が…』/絶賛発売中!!」
  • 同ページの下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『夕凪の街 桜の国』(こうの史代)
     『ヒロシマに生きた女性の感動作品、待望の単行本化』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.330(単行本p. 86)の柱
    「優しさを受けとり…すずは少しずつ変わっていく…」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第38話/完
      次号 9/16(火)発売に続く!!」

第39回「20年 8月」

(「漫画アクション 2008年10月 7日号 No.19」( 9月16日発売/定価300円)のp.311〜p.318初出)

  • 掲載誌p.313の下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.318(単行本p. 96)の柱
    「戦争は終わった… すずの涙は呉の地にしみこむ…」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第39話/完
      次号10/ 7(火)発売に続く!!」

第40回「20年 9月」

(「漫画アクション 2008年10月21日号 No.20」(10月 7日発売/定価300円)のp.323〜p.330初出)

  • 掲載誌p.323(単行本p. 97)の柱
    「人為の猛威は終わった。しかし今度は呉の地に自然の猛威が…!」
  • 同ページの下
    「単行本『この世界の片隅に』(上巻・中巻)絶賛発売中です!」
  • 掲載誌p.324の柱
    「アクションコミックス『ぴっぴら帳』全2巻(こうの史代)
     『インコの”ぴっぴらさん”とのシアワセな日常』/絶賛発売中!!」
  • 同ページの下
    「『この世界の片隅に』の第1話が無料で読めます!」
    『Web漫画アクション』→
    http://webaction.jp
  • 掲載誌p.326の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.328の柱
    「アクションコミックス『街角花だより』(こうの史代)
     『街角の小さな花屋から笑顔をお届けします!』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.330(単行本p.104)の柱
    「次号・次々号は取材のためお休みします。11月18日発売号をお楽しみに!」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第40話/完
      次回の登場は23号(11/18発売)です」

「I Love Action/アイ ラブ アクション」

(「漫画アクション 2008年11月 4日号 No.21」(10月21日発売/特別定価330円))

  • 掲載誌p.329
    「すずの流した涙」
     今号の『この世界の片隅に』、終戦となりましたね。
     すずが、終戦に納得できないと言って涙を流していたのが印象的でした。
    なるほど、終戦の時は皆安堵か悲しむと思っていたのですが、すずの納得
    できないという気持ちは胸に突き刺さるように伝わってきました。
    『この世界の片隅に』には、この時代に生きて、考えて悩んで苦しんだ人たちが
    本当にいるのだなと実感した回でした。(徳島県 W・S)
     次回の掲載は、11月18日発売号です。お楽しみに!!

第41回「りんどうの秘密(20年10月)」

(「漫画アクション 2008年12月 2日号 No.23」(11月18日発売/定価300円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.334(単行本p.112)の柱
    「『悲しんでいるあなたを愛する』 リンドウの花言葉」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第41話/完
      次号12/ 2(火)発売に続く!!」

第42回「晴れそめの径(みち)(20年11月)」

(「漫画アクション 2008年12月16日号 No.24」(12月 2日発売/定価300円)のp.323〜p.330初出)

  • 掲載誌p.323(単行本p.113)の柱
    「お知らせ 双葉社コミック文庫『ぴっぴら帳』1・2巻 1月19日発売!
     2巻は雑誌掲載時の2色カラーをそのまま掲載!!」
  • 掲載誌p.324の柱
    「呉の街を占領軍が覆う…」
  • 掲載誌p.330(単行本p.120)の柱
    「とても甘い横文字の夜…」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第42話/完
     次号12/16(火)発売に続く!!」

第43回「水鳥の青葉(20年12月)」

(「漫画アクション 2009年 1月 6日号 No. 1」(12月16日発売/定価300円)のp.327〜p.334初出)

  • 掲載誌p.327(単行本p.121)の柱
    「☆第12回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選ばれました!」
  • 同ページの下
    「双葉社コミック文庫『ぴっぴら帳』1・2巻 1月19日発売!!」
  • 掲載誌p.334(単行本p.128)の柱
    「晴美のこと、水原のこと… すずの心の中にあるということ…。すずは生きていく。」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第43話/完
     次号 1/ 6(火)発売に続く!!」

第44回「人待ちの街(21年 1月)」

(「漫画アクション 2009年 1月20日号 No. 2」( 1月 6日発売/定価300円)のp.303〜p.314初出)

  • 掲載誌p.303(単行本p.129)の柱
    「第44回…人待ちの街(21年 1月)」
  • 掲載誌p.304の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に(上)(中)』(こうの史代)
     『戦中の広島。すずは軍都 呉へと嫁ぐ。愛しき日々が…』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.308の柱
    「アクションコミックス『さんさん録』全2巻(こうの史代)
     『愛する妻を亡くした男の心温まる家庭再生物語』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.314(単行本p.140)の柱
    「『この世界の片隅に』次号、万感胸に迫る最終回です!」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】第44話/完
     次号 1/20(火)発売に続く!!」
  • 掲載誌p.301の「アクション次号予告」
    「いつまでも心に留めてほしい……感動の最終回」
    「呉に嫁いでからの日々は、すずの体と心にしみ込んでいる。それは小さな世界かも
    しれない。でもそれはあなたの世界にもつながっている。このお話は次号で最終回
    ですが、記憶としていつまでも片隅において欲しい……あなたに!」

最終回「しあはせの手紙」

(「漫画アクション 2009年 2月 3日号 No. 3」( 1月20日発売/特別定価330円)のp.307〜p.318初出)

  • 掲載誌p.307(単行本p.141)の柱
    「☆単行本『この世界の片隅に』下巻は4月28日発売!!」
  • 同ページの上
    「第12回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品!」
  • 掲載誌p.314の柱
    「アクションコミックス『この世界の片隅に(上)(中)』(こうの史代)
     『戦中の広島。すずは軍都 呉へと嫁ぐ。愛しき日々が…』/絶賛発売中!!」
  • 掲載誌p.318(単行本p.152)の柱
    「ご愛読ありがとうございました。こうの史代先生のまたの登場をお楽しみに!」
  • 同ページの下
    「【この世界の片隅に】完」

Last-modified: 2009-06-11 (木) 21:24:55